ゆいこゆいこ.com

子育てグッズレビュー、ママファッション、美容アイデア、レビュー✍️

私がパリジェンヌアイラッシュをする理由【ワーママ】【アラサー】

f:id:yuikoyuiko:20211105012254p:image

こんにちは!元渋谷109店員のゆいこです。

ギャルメイクを卒業してもメイク自体は大好きです。

 

そんなワーママ、アラサー、私服は無印多めのカジュアル派筆者が最近ハマっているのが『パリジェンヌアイラッシュリフト』というまつ毛パーマです。

こちらをおすすめする理由をじっくり語らせて頂きたいと思います。

パリジェンヌアイラッシュリフトとは?

・根本からまつ毛を立ち上げるまつ毛パーマの種類

・目安として1ヶ月以上もつ

・まつエクよりもナチュラルな雰囲気

・料金は大体¥5,000前後から

 

ざっくりとこんな感じでしょうか。

パリジェンヌアイラッシュリフトが向いているまつ毛の方、まぶたの方、使用する薬剤についてなどなど…メリットデメリットは詳しく調べて頂ければ出てきますのでご参照くださいませ。

 

パリジェンヌアイラッシュリフトをやってよかった!

毎日のメイクが100%綺麗に仕上がる

 

全集中してビューラーをしなくても、マスカラ下地を使わなくても、完璧なまつ毛になるのです。

これって時間的にも、モチベーション的にも、大きいと思います。

 

まつ毛が上がってくれているお陰で、アイシャドウを塗り込まなくてもナチュラルきれいです。

今日はちょっとメイクの調子が悪いかもな〜ってことがぐんと減ります。毎日100%な仕上がりの目元…!

 

あらゆるところで時短になる

・朝のメイク時間

・出先のメイク直し(筆者はメイク直ししてませんw)

仕事先でのランチ後、子どもと出掛けた先、メイク直しはできないけど写真は撮る…なんて時にも助かっています。

 

瞼が持ち上がる嬉しい効果

根本からまつげを上げることで、筆者は二重のラインがくっきりしました。写真写りが変わります◎

すっぴんでも瞳に光が入る有り難さたるや…。

 

こんなシーンにもおすすめ

・湿気が多くまつ毛のカールがキープしにくい梅雨

・汗をかきやすくまつ毛のカールがキープしにくい夏

・マスクの湿気でまつ毛のカールがキープしにくい時

・涙でメイク崩れが予想される日(結婚式参列など)

・写真をたくさん撮る日(テーマパークや1日お出かけする時、ふいに撮られた写真も良く映りたい!)

 

もう結局いつでもおすすめしたいです!ww

 

自信が欲しい方にもおすすめ

目元に自信が持てると、人との接し方や振る舞いにも自信が持てるのは私だけでしょうか?笑

いつもより目を見て話せるというか。

 

私はプロに施術して頂いた完璧まつ毛に、毎日自信をもらっています。

ちょっと疲れたり嫌な事があっても鏡を見て、『まつ毛バチバチだし、アイシャドウキラキラしてかわいいし、ネイルもかわいいし、まいっか』と思っちゃう人間です。

 

お手入れ方法が簡単

ズボラな私にもできているお手入れ方法。簡単なのもパリジェンヌアイラッシュリフトの魅力です。

 

・まつ毛の負担を少しでも減らすため、クレンジングはアイメイクリムーバー&マツエクOKのリキッドクレンジング

※基本的にはオイルやジェルなどどのタイプでも使えるとのこと。擦るのだけNG。

・持ちを良くするため、まつ毛美容液をつける。以上!

 

全てドラッグストアで買ったプチプラアイテムを愛用しています。特別なお手入れがいらないので続けられています。

 

私のbefore afterはこちら

f:id:yuikoyuiko:20211116090538p:image

 

元々一重だった私はアイプチやメザイクで二重のクセがつくようになりました。芯が太いつけまつげを付けると幅広二重になります。(最近はつけていませんが)

 

パリジェンヌアイラッシュリフトによってまつ毛が根本から上がり、二重のラインがくっきりして、目に光が入っています。

 afterの写真は7時間仕事をして帰ってきてから撮ったものです。メイク直しはランチの後に落ちかけたマスカラを指で少し拭ったぐらいです。

 

使ったマスカラはキャンメイクのオールインワンマスカラです。

元々毛量も長さもさほどないですが、パリジェンヌアイラッシュのおかげで充分です。

 


下地、マスカラ、トップコート機能付きでさらに時短になります◎さらにウォータープルーフなんて完璧では。

 

おわりに

記事内でも触れましたが、パリジェンヌアイラッシュリフトに向いているまつ毛、まつ毛の生え方、瞼など個人差があるそうです。不安な方は詳しくお調べすることをお勧めいたします。

 

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました◎